電話秘書で経費削減

オフィスを構えたとして、最低賃金で電話番を雇うとなると、月々いくらほど必要なのでしょうか。
まず最低賃金が750円、1日10時間、月に31日だとしましょう。
それだけで23万円という人件費が必要です。
人を雇う場合は、同じ人をそのまま31日間働かせることはできませんし、雇用保険や年金、健康保険なども企業側が何割か負担しなければいけません。

電話秘書は、そういった費用がかけられない小規模事業所のためにある電話代行のサービスです。
どう違うかというと、保険料は一切かかりませんし、1日に○時間、と決めなければいけないわけでもありません。
また、何人もの社員を雇うのではなく、業者に任せることで24時間365日のサポートも受けることができるかもしれないのです。

月々1万円からという格安な電話秘書サービスもあり、人件費を考えるとかなりのコスト削減です。
個人事業主や小規模の事業所は人件費などのコストを大幅にかけることができないため、かなりの経費削減となります。
他にも、個人事業主の場合はこれから企業を立ち上げるにあたり、大幅な集客が見込めます。
自分で対応できない電話対応をすべて任せることができるため、信頼性が上がり、事業を売り出すきっかけ作りもできるのです。

また、電話秘書は電話応対だけではなく、顧客管理や受注発注などのデータ入力も併用して行っているところもあります。
事務所に人がいない時や、どうしても電話対応ができない時などにはとても活用できる、良いサービスです。
ここでは、経費を大幅に削減することができる電話秘書について、具体的なサービス内容をご紹介します。

Copyright © 2014 経費削減!電話秘書ってどんなサービス? All Rights Reserved.